2014年06月30日
 ■  最近身に染みる言葉

人の世の一生は重き荷を背負って遠き道を往くが如し

急ぐべからず

不自由を常と思えば不足なし

心に望み起こらば、困窮したるときを思いだすべし

堪忍は無事長久の基

怒りを敵と思え

勝つことばかりを知りて、負けるを知らざれば

害その身に至る

人を責めるな、己を責めよ

及ばざるは過ぎたるに勝れり

徳川家康の遺訓。実際は孫の黄門様こと光圀が作ったらしい。

人の世~急ぐべからず、までは割と有名

続きがあることを最近知った。

分かりやすく魅力的なフレーズだと思う。

ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 2014年06月30日 16:48

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.jat-ehime.co.jp/blog2/mt-tb.cgi/1705