2014年03月27日
 ■  この前の少し大きな大会のこと

ボウリングがんばってやってます。でも誰かが言ってた、スコアは、金で買えると、

中国製の3万円台のボウルと、米国製の5万円台のボウル、レーンコンデションにも

よりますが、1ゲームで直に10点~20点変わってきます。

 先ほどの話した、5万円台のボウルを持ってKボウルの某大会に出場して来ました。

予選9ゲーム、決勝3ゲーム合計12ゲームで競い合います。

 まずは、予選9ゲーム上位18名に入らなければ、決勝出れません出足の3ゲーム、おいおいオイルコンデションどうなってるの?外側からねじ込んで、内側打っても割れてスプリットああ、3ゲームで540点ちょっとレーン移動して次の3ゲーム、やけのやんぱち1番外側のガーターすれすれのラインから投げ込む、なんとスススストライク!660点越え何とかアベレージ200点マークさあ最後の3ゲーム頑張れば何とか18位すべりこめる、また悪い癖、肩に力入りすぎ、ぎりぎり600点あーあー19位残念、手のテープを外し、靴を履き替え応援に回る準備、するとなんと決勝出場者一名辞退のため19位の繰上げ出場そそくさと再準備、決勝の登録をしてさあ頑張るぞ!んーまあまあかな3ゲーム62012ゲームトータルで3人抜きの15位でした。

 今日は、山あり谷ありジェットコースターみたいな、1日でした最後にKの湯につかり

今日の反省!

いつもの通りすがりの旅の者より

ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 16:27 | トラックバック
 ■  隠れた良将

本多忠勝

?誰?

ホンダタダカツ

徳川四天王の一人

信長から「花実兼備の勇士」

秀吉から「日本第一、古今独歩の勇士」

家康から「わが家の良将」

信玄(正確には武田家)からは「家康には過ぎたる者」

と激賞された人

それが証拠に生涯57回の合戦に参加してかすり傷1つ負わなかった。

さらに、忠勝は

「思慮のある者も無いものも等しく功名はあげられる。ただ思慮のあるものは士卒を巧に使うため大きな功名もあげられるが、思慮の浅いものは往々にして己の腕に頼りがちで前者にくらべて功名は小さくなる」

と言う言葉をのこしており、無双の武勇に加えて兵の出処進退を心得ていた。

晩年は徳川の中枢からは遠ざけられたがこれは、忠勝に限らず家康をささえた功臣全般にいえることであり、秀忠のために家康が意図的に行った事であると私は考える。忠勝が戦場の将であり、政治が出来なかった訳ではない。

その証拠に忠勝は「十楽の津」と言われ堺や博多のように住民の自治意識が高い桑名を見事に治め、名君と称えられている。

忠勝の遺訓でわたしが好きな一節を

「侍というものは首をあげられずとも不手柄なりとも、事の難に臨みて退かず主君と枕を並べて討ち死にし、忠節を全うする者を侍という」

(例え、手柄をたてられなくても事件や困難に向かったとき逃げずに君主の為に死ねる者を侍と言う)

営業課

ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif



投稿者 jatehime : 09:01 | トラックバック
2014年03月25日
 ■  初めまして(*^^*)

我が家に新しい家族が増えました♪

DSC_1178.JPG


猫のミント姫です(o^^o)

生後6ヶ月の女の子です。


マイペースでのんびり屋さんです。

 

普段は、
フェレットのチョコ姫と
仲良く?走り回って遊んでいます(*^^*)


最後は、
フェレットに追い掛けられて
逃げ回っているミント姫です。

 

これからも
二人仲良く
我が家のアイドルでいてくださいねぇ(o^^o)

ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 12:16 | トラックバック
2014年03月20日
 ■  花粉

日本列島を襲った記録的な寒波もようやく解消にむかい春一番の季節になってきました。


上着を脱ぎたくなるような暖かな陽気にほっとしますが、同時に頭に浮かぶのが花粉の飛散状況です。

マスク着用や花粉を屋内に持ち込まないなど防御策をとっていますが、あまり効果がでていない気がします。

TVでは新しい治療方法がいくつか紹介されていますが、いずれも特効薬というレベルではないようで、早く
効果的な治療方法が見つかってもらいたいものです。

ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 10:07 | トラックバック
2014年03月18日
 ■  久万の台温泉

会社の勤務時間が終わり、日々18時~18時30分には年間で200日足を運んでいる温泉が私のリフレッシュの源である。
松山の西北部は、環状線が国道437号まで延びたことで、どんどん便利になってきている。銭湯も少ないこの地域では、温泉好きにとって久万の台温泉はまさにリフレッシュをする温泉浴場であると言ってよいだろう。
観光スポットとしては、伊予かすり会館が有名だが、この浴場は会館と併設でもうけられた施設である。会館の駐車場とこの浴場の駐車場は合同であり、昼と夜の合理的な利用がなされている。「道後・・温泉」という名前を使えば、さらに客足を効果的に増やせるのかもしれない。
 入り口を入るとまず目にはいるのは、1000mも掘り下げて得られたこの温泉の説明である。泉源が28℃のナトリウム塩化物鉱泉などという説明とともに、気泡が上がっていくディスプレイがある。チケットを買って、男湯のかすりのれんをくぐる。
 浴室は、主浴槽、洗い場、岩風呂、ヒノキ風呂、露天風呂、サウナに大まかに分かれている。天井の明かりはついておらず、少し薄暗く、大きい蒸気抜きに温泉情緒が出ている。
 全体的にすべての内装において色の使い方がうまく、心が落ち着く雰囲気がある。この何となく落ち着きがリラックスできる雰囲気こそ温泉浴場の最も重要な要素に一つであると私は考える。
年間200日も久万の台温泉に入浴するとお友達も多くなり、年金暮らしのお年寄りから国家公務員、地方公務員、大手メーカー松山所長、JR職員、小型釣り船船長、運送会社社長、コンビに経営の社長、元風俗店長などそれぞれの個性を持った人たちと3ヶ月に一回程の割合で焼き鳥屋、お好み焼き屋、居酒屋で懇親会を開き有効な絆を築いている。  ちなみに私の家にもそこそこの風呂は完備しているが年間での家風呂は10日程の入浴である。




このページに関する感想、間違いや意見や他の情報がありましたら、電子メールでお願いします。

ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 09:16 | トラックバック
2014年03月17日
 ■  研究者の倫理観

今年の1月末に「STAP細胞(刺激惹起性多能性獲得細胞)」開発成功のサプライズ報道が世界を駆け巡った。研究チームのリーダーである小保方晴子博士も、一躍時の人・割烹着の研究者として脚光を浴びるところとなり、各メディアはやや過熱気味な報道に終始したことは記憶に新しい。

ノーベル賞を受賞した山中教授が開発した「iPS細胞」に比べ、作製方法が比較的簡単で万能細胞になる確率が高いこと、ガンになりにくいことなど、再生医療の分野に明るい光が差し込む論文発表となった。

しかし、ホワイトデーでもある3月14日の午後、かねてより指摘されていた「STAP論文」の不自然な点に関する調査の中間報告が理化学研究所より発表された。疑惑の要点は、①論文に使用されている画像に不自然な加工の痕跡がみられる、②他の研究者が論文どおりに追試を行っても再現が不可能である、③他人の論文を引用している可能性が高い、ことのようである。

理研からの中間報告は、画像の加工・取り違えと論文の引用に関するものであり、事実を認めたものの「悪意があったとは言い切れない」との見解だ。万能細胞の存在や再現の可能性については触れられておらず、「更なる調査が必要」ということのようだ。内部調査の限界性ということも視野に入れ、賛否を含め多角的な究明を望みたいものである。

小保方博士の研究チームは、論文の取り下げを検討しているとのことであるが、先進医療の画期的な進展や理系女子の更なる活躍につながると大いに期待していたため、今回の事態が非常に残念でならない。

またしても「情報を発する立場の人」に疑惑の目が向けられる事態となり、生命の根源領域を扱う分野の先駆者としての立場をわきまえた高い使命感・倫理観が問われることとなった。私ども情報を受ける側は、その内容が「全てなのか、正しいのか?」を適切に判断できる基準・能力を持ち合わせていないのが実情である。

原因として経験不足だとか、成果を急ぎすぎたのではとの憶測も流れているが、現段階で軽々に結論付けることは避けなければならない。今後の最終報告が待たれるところであり、今回の事態の影響の大きさを考えるとき、「論文を取り下げて終わり」というのではなく、その後の広範にわたる対応を一つひとつ丁寧に行うことが肝要だ。

 

自称「『真の原因究明』期待」人 武智

ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif



投稿者 jatehime : 10:55 | トラックバック
2014年03月13日
 ■  百円ショップ

 最近、家の雑貨やら消耗品やらを買いに、百円ショップに行くことが割とある。

 

 昔は「安かろう、悪かろう」だった百円ショップ品質も、最近はそうとも言えなくなって来ており、これは値段以上の出物だね!と思えるものもチラホラと見るようになってきた。

 

 先々週の日曜日に、息子とかみさん連れて、キッチンペーパーやら小物ケースやらを買いに行った折、ふと目に留まったのは、玩具コーナー。

 

 昔ながらの百均クオリティ溢れる、チープな玩具ばかりではあるが、4歳児の息子にとってはそんなことはお構いなく、喜んで手にとって遊び回っていた。

 

 やれやれ、これは暫くここから離れんなぁ・・・と、心中でそんなことを考えていたところに、ふと目が留まったものがあった。

 

スクリームお面.jpg

 

 ホラー映画「スクリーム」を観たことがあるだろうか? あの劇中で暴れ回る、黒ずくめの彼。その彼が被っているものと似たようなマスクが、百均品質レベルではあるが、ジョークグッズとして売られていたのである。

 

 そのマスクを見て、まるで天啓の如く父の頭に浮かんだのは、「悪企み」であった。

 

 遊びに夢中な坊主からそっと離れ、おもむろにそのマスクを手に取り、顔の前に持ってくる。そして遊んでいる坊主の後ろに立ち、

 

 「勇輝~」

 

 と息子を呼ぶと、父ちゃんに呼ばれた我が子は、何の疑いもなく振り返り・・・

 

 「ギャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!!!!」

 

 と、一瞬遅れてから、店内に響くくらいの見事な悲鳴を上げ、尻餅をついた。

 

 まぁ、そりゃそうだろう。父ちゃんの声で呼ばれ、振り返った先に居たのがコレ(写真参照)なのだから。

 

 ちょっとおどろおどろした声で「勇輝~・・・ヴァーーーー!!」と迫ると、4歳児、ものすごい勢いで跳ね起きて、泣きながら一目散に母ちゃんの所へ逃げて行った。

 

 「アンタがそうやっていじめるから、嫌われるんじゃないの!」

 

 かみさんに爆笑されながらではあったが、釘を刺されたので、おもむろにお面を後ろ手に隠すと、4歳児はものすごくホッとした顔をして「お父しゃーーーん!!」と泣きながら、駆け寄ってきたのであった。ちなみに、再びお面を顔の前に持ってくると、すぐさまギャン泣きという、すごい変わりっぷり。

 

 それ以来、息子は百円ショップへ行っても、玩具コーナーへ近寄ろうとしない。父ちゃんがそちらへ行こうとすると「行っちゃダメ!」と、割と本気で怒って袖口を掴んでくる。

「お面買おうか?」と聞くと、泣きそうな顔をして「ヤダ!!」と首を横に振る。

 

 そんな怖かったのか・・・と、ちょっと罪悪感を感じながらも、時々からかって遊ぶ、そんな最近である。

ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif



投稿者 jatehime : 09:25 | トラックバック
 ■  百円ショップ

 最近、家の雑貨やら消耗品やらを買いに、百円ショップに行くことが割とある。

 

 昔は「安かろう、悪かろう」だった百円ショップ品質も、最近はそうとも言えなくなって来ており、これは値段以上の出物だね!と思えるものもチラホラと見るようになってきた。

 

 先々週の日曜日に、息子とかみさん連れて、キッチンペーパーやら小物ケースやらを買いに行った折、ふと目に留まったのは、玩具コーナー。

 

 昔ながらの百均クオリティ溢れる、チープな玩具ばかりではあるが、4歳児の息子にとってはそんなことはお構いなく、喜んで手にとって遊び回っていた。

 

 やれやれ、これは暫くここから離れんなぁ・・・と、心中でそんなことを考えていたところに、ふと目が留まったものがあった。

 

 ホラー映画「スクリーム」を観たことがあるだろうか? あの劇中で暴れ回る、黒ずくめの彼。その彼が被っているものと似たようなマスクが、百均品質レベルではあるが、ジョークグッズとして売られていたのである。

 

 そのマスクを見て、まるで天啓の如く父の頭に浮かんだのは、「悪企み」であった。

 

 遊びに夢中な坊主からそっと離れ、おもむろにそのマスクを手に取り、顔の前に持ってくる。そして遊んでいる坊主の後ろに立ち、

 

 「勇輝~」

 

 と息子を呼ぶと、父ちゃんに呼ばれた我が子は、何の疑いもなく振り返り・・・

 

 「ギャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!!!!」

 

 と、一瞬遅れてから、店内に響くくらいの見事な悲鳴を上げ、尻餅をついた。

 

 まぁ、そりゃそうだろう。父ちゃんの声で呼ばれ、振り返った先に居たのがコレ(写真参照)なのだから。

 

 ちょっとおどろおどろした声で「勇輝~・・・ヴァーーーー!!」と迫ると、4歳児、ものすごい勢いで跳ね起きて、泣きながら一目散に母ちゃんの所へ逃げて行った。

 

 「アンタがそうやっていじめるから、嫌われるんじゃないの!」

 

 かみさんに爆笑されながらではあったが、釘を刺されたので、おもむろにお面を後ろ手に隠すと、4歳児はものすごくホッとした顔をして「お父しゃーーーん!!」と泣きながら、駆け寄ってきたのであった。ちなみに、再びお面を顔の前に持ってくると、すぐさまギャン泣きという、すごい変わりっぷり。

 

 それ以来、息子は百円ショップへ行っても、玩具コーナーへ近寄ろうとしない。父ちゃんがそちらへ行こうとすると「行っちゃダメ!」と、割と本気で怒って袖口を掴んでくる。

「お面買おうか?」と聞くと、泣きそうな顔をして「ヤダ!!」と首を横に振る。

 

 そんな怖かったのか・・・と、ちょっと罪悪感を感じながらも、時々からかって遊ぶ、そんな最近である。

ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif



投稿者 jatehime : 09:25 | トラックバック
2014年03月12日
 ■  青梅鉄道公園

 先週の日曜日のこと、やらねばならない用事があり、東京の端っこの青梅市まで行ってきた。厚木から車で1時間と少し走ると着く、埼玉は入間市に隣接する、都会のイメージの強い「東京」を思うと、あれっ!?となるような、緑多き街である。

 朝の9時過ぎに家を出て、かみさんと息子を愛車Keiに乗せて、トコトコと青梅を目指す。途中、一回二回と休憩しながらドライブし、ひとまずの目的であった用事を済ませると、時刻は昼前になっていた。

IMG_0175.jpg

 用事があった場所から少し走り、昼食を済ませた後に、このまま帰るのも勿体無いよね・・・という話となり、どこか楽しい所は無いかとiPhoneにて検索すると・・・青梅鉄道公園なる施設を発見した。

 うちの息子は、無類の鉄道好き。4歳にして新幹線の型番やら、JRの電車、私鉄などを見分ける、親が言うのも何だが、見事な鉄っぷり。

 そんな坊主であるから、電車のある公園などと聞いてしまうと、もう「そこ行く!そこ行く!」の繰り返しで、他の行先など聞きはしないわけであって・・・。

 カーナビに頼りながら、初めて走る道を行くこと20分、何とか辿り着いた青梅鉄道公園は、少し小高い山の上にあった。何度も言うのだが、周囲を見ると「ここ本当に東京?」となるような、自然溢れる立地である。

IMG_0206.jpg

 入園料100円(小学生以下無料)を大人二人分払い、公園へ入場すると、そこにはうちの坊主にとっては、まさに「宝の山」が展示されていた。ちなみにこの公園、園内に二階建ての施設があり、その中にも展示物がある。

 屋外にはかつて日本中を駆け巡り、人々の足となった多数の蒸気機関車たちが、計器も可能な限り残したままで保存されていたり、屋内では各種鉄道の写真や、歴史が書かれたパネルなどの展示がある。他にも、屋内では大きなジオラマが設置されており、その上を、精密に再現された最新の新幹線や、懐かしの寝台特急などの鉄道模型が走り回っていた。

 鉄道にそんなに興味を持っていない大人が見ても、「コレはすごい」と感心する展示物達なのだから、鉄一直線の4歳児は、公園に入場した時点から大興奮。キャーキャー歓声を上げながら、アレはE何とか系電車!アレはN何とか系新幹線!などと、持っている知識を総動員しながら、展示物に貼り付いていた。

 鉄道の知識はあまり無い父親の自分も、展示物の中にあった、初代新幹線とD51型蒸気機関車・・・通称「デゴイチ」を見た時は、これがあの有名な・・・となったものだし、大人も子どもも、鉄道にハマる人達の心が、少し分かるような気もした。

 規模の小さめの公園にも関わらず、公園内には子どもから大人まで、多くの鉄道ファンがいて、大人も子どもも入り混じり、話している姿もあった。趣味は年齢の垣根を超えるというのは、間違いではないようだ。

IMG_0208.jpg

 そんなこんなで、ミニSLに乗せてみたり、売店でお土産を買った(4歳児がダダこねて買わされた)りと、2時間少しいたのであるが、退屈することは無かった。まぁ、自分が興味が無いにしても、喜んでいる我が子を見るのは、親としては嬉しいものだし、時間も早く過ぎようものだろう。

 帰る段になって、「まだいるの!」と、ギャン泣きしながら言って聞かない坊主を「また来ようね」となだめすかして何とか車に乗せて出発すると、走り回り、はしゃぎ回った疲れが来たか、坊主はすぐに寝息を立て始めた。

 チャイルドシートでグッスリ眠る我が子を横目で見ながら、充実した休日を過ごせた心地良い疲れを実感しつつ、厚木まで帰った、そんな日曜日のこと。

ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 10:49 | トラックバック
2014年03月10日
 ■  マラソン

先月、第52回愛媛マラソンが晴天に恵まれ開催された。昨年の大会は全国のランナーの投票で人気ナンバーワンに輝いたという。ランナーのことをよく考えた大会運営、沿道の声援のあたたかさ、地元の名産品(ポンジュース含む)を多数コースに配置したオモテナシ!などが評価されたのか?

職場の同僚が昨年に続き走ったので、ゴール少し手前の41km地点で応援した。あと少しでフィニッシュできると必死で走る姿を見て感動し、思わず「もうちょっと、ガンバレー」と大声で叫んでしまった。

42.195kmその道のりは果てしなく長い。人は何故マラソンを走るのか?自分に勝つということなのか。その心理を計り知ることは出来ないが、見ている方も高揚させられる。マラソンには夢がある、ロマンがある、そしてドラマがある、なんて!

よし自分もマラソンを走ろう。とは言え、いきなりは無謀だと思っていたら「坊ちゃんランランラン」という大会で「イチワリマラソン」という競技があることを知った。イチワリ?すなわちフルマラソンの一割の距離、4.2195kmを走るのだ。これなら私でも走れる。俄然ヤル気が出てきた。今から練習して制限時間45分内の完走をめざそう。ただ、次の大会はまだまだ先の12月なのだが・・・。

ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif



投稿者 jatehime : 08:42 | トラックバック
2014年03月07日
 ■  春の風景

 実家へ帰る折、双海町下灘の海岸線をよく通る。海沿いを走る風光明媚な道だ。
どの季節も美しいが、特に春がいい。少し前までは、水仙が道沿いに続き、目を楽しませてくれたが、今は何と言っても菜の花だろう。鮮やかな黄色が斜面を埋め尽くし、車で通りかかった人達も道の端に車を止め、そぞろ歩いている。
 近くの下灘駅は、映画「寅さん」のロケ地としても人気があるが、この季節は菜の花目当ての観光客が多くなる。一両編成でのんびり走る列車と菜の花を撮影しようとカメラをかまえる人も多い。
 先日はこの道沿いを歩く「しおかぜウォーク菜の花大会」が行われ、盛況だったようだ。
 いつも車で通り過ぎるだけの道ではあるが、季節折々の風景を眺めながら走っている。もうすぐ桜の季節がやってくる。実に楽しみだ。

分室の暇人

ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif



 

投稿者 jatehime : 09:22 | トラックバック
2014年03月06日
 ■  厚切り

先日、友人たちと集まってすき焼きをすることになった

お肉の買出し係りになった私は

なじみのお肉屋さんに行き注文をした。

『すき焼き用』 ○枚

『ステーキ用 厚切りで』 ○枚

肉が切りあがり、そのまま袋に入れてもらって

友人の家に向かう

 

友人の家で早速、仕込みに入ると

すき焼き用のお肉がなんか違う???

 

普段は一枚一枚が綺麗に二つ折りになっているのだが

今回は、ミルフィーユ状にそのまま重ねられていた。

箸でつまんでみるとゴツイのだ・・・

 

そう、すき焼き用肉も厚切りになっていたのだ・・・

 

鍋に入れても、デーンと存在感を出しており

箸でつまんでも、半端ない重量感・・・

食べてみると、おいしいお肉なのだが

やはり普通のすき焼き用の薄切りの方がしっくりとくる

 

みなさん、すき焼きのお肉は薄切りに限ります。

段ボール工場より

ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif



投稿者 jatehime : 09:03 | トラックバック
 ■  Blue Dolphin’s Journal-March 5th, 2014

Helloヾ(≧∇≦)〃!! How are you doing?? I am doing just fine as usual!! Blue Dolphinでございます! 目がかゆいです。+゚(゚´Д`゚)゚+。。。この時期になると必ず目がかゆくなるのはプチ花粉症だとは思うんですけど、例年より今年はサプリメントがいいのか水分増し増しのコンタクトレンズがいいのか疑問ですが目がかゆくてたまらなくはない状態なんですよ。でもかゆいのはかゆいので眼球を傷つけないように目をこするのを我慢してる毎日です。花粉症の季節という事は即ち『春が例年通りやってきたなぁ』って感じ始める時期でもあるので【桜観】が非常に楽しみになってくるのはほんと【日本人】だなぁって思っちゃいますねぇ。。。ついおとついも早朝、ウグイスが『ほーほけきょ!!』って鳴いてわくわくしちゃいましたし。。。春夏秋冬、いろんな出来事が【四季折々の表情】と共に人生を重ねながら生きていける事がこの年齢になると愛おしくなってくるものですね(⌒▽⌒)。【自分自身の人生】を愛していかなければ人も愛することはできませんからねぇ。。。今でも毎日『ありがとう』と感謝の気持ちを忘れずに過ごせてたり、『他者からこう思われたいからこう生きていく』ではなく『自分自身がこうでありたいからこう生きていく』っていう感覚で日々の暮らしを全うしてる事もある意味【奇跡】に近いかもしれないなぁ。。。例年採用してる【ほぼ日手帳】も今や三刀流で書き書きしてるんですよ。だって、去年、おとどしの手帳を時間が出来た時に振り返って読むのがけっこう楽しくて。。。Blue Dolphin自身が書き留めた事にBlue Dolphin自身がビックリしながら、『こんな事想ってたんだぁ。。。』ってこのBlog File同様回想するのがおもしろいんですよ。【自分自身の人生】を愛し始めている証拠かもしれませんね。よかったぁ(ノ≧∇≦)ノ。。。
     年度末、今年は増税前も重なってめちゃくちゃ忙しい毎日をも過ごしてます。ちゃんと青空や夜を静かに照らして守り続けてくれてる月を見忘れることはないですけど、、、只今Full Power稼働中です(笑)。脳が渇いたら糖分補給で乗り切ってますし、家に帰ったら静かに大人しく待っててくれてるニャンニャン達が “Our Mammy is back!!”って喜んで爪とぎしながら出迎えてくれるので瞬時に癒されますし、年度末締めまでガッツリ仕事に集中して新しい年度=平成26年度が気持ちよく始まるように頑張ってる最中でもあるので、今回のBlogは少し短めになる事をご了承くださいな。来年度のBlog Scheduleはまだわかってませんが、次回からも例年通り桜の写真を含め、様々な【四季の彩り】を写真で紹介できたらいいなぁって思ってます。もちろんニャンニャン達のSo Lovelyな写真もバンバン激写しながら(笑)。。。今、このBlogを書いてる最中にMelindaが腿上に飛び乗ってきました!!ニャンニャン達は本能の感覚が優れてますから、少しでもBlue Dolphinがニャンニャン以外の事を考えてると察知したかのように目の前に現れてスリスリ甘えてくるんですよ。 “You are thinking of another thing or another person, aren’t  you????  Think of us!!!!”って感じで(苦笑)。。。ちゃんとその時は “I always love you.”っておもいっきりHugしながら慰めてあげてますけど。。。
     こんな感じで『今』を過ごしてます。まだまだ書きたい事があったんですが、なんせホントにめちゃくちゃ忙しいのでうまくまとまる気配が見えてこないのもあるので次回Blogで伝えたいと思います。それではSee You Soon!!
With Love,
倉庫課 Blue Dolphin

ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif



 

投稿者 jatehime : 09:00 | トラックバック
2014年03月04日
 ■  (Can't Get My)Head Around You

 関東地方に何十年ぶりのスゴイ雪が降って、道路も電車も電気や水道まで麻痺してしまうという事態が2週も続いて起こり、ドライバーや関東営業所の連中も大変なことだろうと思います。愛媛でも特に東予方面が雪の被害に遭い高速道路は四国内・3架橋とも通行止めなんて時もありましたが、幸い松山市はそれほどの雪害はなく通常の暮らしができることは良かったと思います。

 しかし雪が降って喜ぶところも有り、県内のスキー場も今年はコンディションがよく、オリンピックを見て触発され結構盛り上がってたようです。それにもれず僕も久しぶりにスノーボード持って毎週スキー場に行ってます( ̄▽ ̄) メンテナンスして持っていったのにいきなりバインディングが壊れるなんてこともありましたがホントに毎週末天気も含めコンディションがよく楽しく遊べました。

まだあと今シーズン1~2回行けるかな?

 

NEC_0438.JPG

ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif



投稿者 jatehime : 09:23 | トラックバック