2012年10月30日
 ■  再来年

来年の大河は「八重の桜」綾瀬はるかが主演であるが、これっぽっちも興味がわかない。
幕末から明治にかけての時代はいまいちだ。やっぱり戦国や源平の頃がいい。
そんな私に一筋の光明が
再来年の大河が「黒田官兵衛」V6の岡田准一の主演に決定。
しかし、一抹の不安も
「天地人」や「江」のように徹底して合戦描写をさけられたり、捏造エピソードをぶっこまれたりしたら目もあてられない。
官兵衛の生涯なら史実を丹念になぞるだけで十分ドラマチックになるはず。
頼みますよNHK
                                  営業課
ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 00:00 | トラックバック
2012年10月29日
 ■  ゆるキャラ

ブームの火付け役になった、ひこにゃん
 もとは、彦根城築城400周年記念のマスコットキャラとして生まれた。
 こないだ知ったのだが、井伊直孝の招き猫伝説が元ネタらしい。
 外見に似合わずしっかりとした歴史のバックボーンがあったのは驚きだ。
                                    営業課
ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 00:00 | トラックバック
2012年10月25日
 ■  城島健司の潔い引き際

 4億円もらいながら阪神の優勝に貢献できなかった男には、晴れの場はいらない。
城島健司は、球団が用意した甲子園での引退試合を頑なに固辞したという。引退表明から一夜明けた9月29日、鳴尾浜でのウエスタン・リーグ・オリックス戦で、1回限定でマスクをかぶり、ユニフォームを静かに脱いだ。
 2度にわたる左ひざの手術と椎間板ヘルニアで苦しみ、満足にプレーできないとき、株主総会で不良債権と批判された。人一倍チームの勝利を考えていた彼にとっては、屈辱だったにちがいない。野球が好きで、捕手が好きで、捕手が出来ないと分かってプレーすると野球が嫌いになってしまいそうだから、潔い彼らしい引退の理由だった。
 
ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 20:00 | トラックバック
 ■  日本シリーズ

10月27日(土)から東京ドームを皮切りに日本シリーズがスタートします。
 クライマックスシリーズは巨人・中日戦が最後までもつれて盛り上がりましたが、結果的には両リーグ1位が順当に勝ち上がり、2007年リーグ3位のロッテによる「下克上」日本一のような波乱はなくなりました。過去5年間を見てもリーグ2位以下で勝ち上がった事例は、先のロッテの他に2007年2位の中日のみで両リーグあわせて10チーム中2チームと大変少ない状況です。このような状況では、昨今の何でも節電、節減の空気があるなか不要論も出てきそうなものですが、興行的な面から導入された経緯が強く、この面では成功を収めているクライマックスシリーズの不要論は少数派です。経済的な効果が見込める部分を見定めて適切にエネルギーを注入し効率よく運用する意識を常に忘れないようにしたいと思います。
ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 11:52 | トラックバック
2012年10月23日
 ■  協同と共同(似て否なるもの)

ここ4ヶ月あまりアイアンばっかり握ってて335に全く触れてない。
うぇ~~~ん、左の小指が動かんようなってしもうた。うゎ~~~お、音楽のネタもきれてしもうた!!。ブログに何を載せるか・・・・ということで、本日は苦し紛れです。
農業協同組合を始めとする「協同」という言語と、共同配送に代表される「共同」という言語とは、同じものですか、違うものですか、という微妙で深淵な課題について触れさせていただきます。
「協同」・「共同」ともに、複数の者が同じ目的のために力を合わせることについては同じです。しいて言えば、共同は「同等の資格で」というニュアンスが強く、協同は「役割分担をして」というニュアンスが強いように思われます。
ひまを見てさらに検討を深めていくつもりですが、12月のコンペに注力するため、335も、この件も、当分の間休眠予定・・・。

営業部 アーニーボール
ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 08:49 | トラックバック
2012年10月22日
 ■  不思議な汗

秋になりました。
嬉しいです。
だって、
食欲の秋です。
読書の秋です。
スポーツの秋です。
そして、恋する秋です。
そんな秋は、私には有りませんが、
なんてったって涼しいです。
汗が出ません。
助かります。
夏場は、歩けば汗、喋っても汗、座っていても汗をかきます。
立ち上がれば椅子を湿らせていないか?
ズボンは濡れていないか?
チェック事項が多くて大変でした。

でも、もう大丈夫です。
これから6ヶ月間は気を緩められます。
タオルからハンカチに変えても安心です。
打放しでも3球おきに汗を拭いていたけれど
今は7~8球は大丈夫です。助かります。
ゴルフをしていても、お漏らし状態にはなりません。

心配事がただひとつ。
発汗しない水分は、どうなってしまうのか?
発汗しないで、体内に溜まっていけばどうなるのか?
体重が増えてしまうのか?
体重は何キロまで増えるのか?

いくら考えても答えが出ません。
だったら、ギネスにチャレンジしても良いのですが、
まだまだ、私の上を行く人たちがこの事務所に3人ほどいるので
ギネスは諦めることにします。

汗が出ないことで助かりことは、
洗濯物が減ります。
水分補給が要りません。
練習場では汗を拭く動作が不要なので、
20~30球はたくさん打てます。
こんなに快適なシーズンは最高です。
これから4月までは、体を動かすことに努めます。
汗をかかない程度に。

朝夕のヒンヤリ感の好きな男
ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 00:00 | トラックバック
2012年10月19日
 ■  日本相撲になぜ外国人力士が強いか

私が小学生の頃、友達との遊びも終わり、夕方17時ごろ家に帰ると、近所の方が数名集まりテレビ相撲観戦をしている光景が思い出される。昭和40年~45年頃である。当時は大鵬、佐田の山、柏戸、後半になって琴桜、北の富士が横綱の時代である。当時はまた優勝は大鵬かと言う声が日本国中で聞こえていた。それから約45年の月日が経ち平成181月場所~現在の249月場所までの40場所(年6場所だが23年は相撲協会の不祥事で5場所)の優勝力士は、181月場所で日本人力士大関栃東が優勝、日本人として最後の優勝者。205月場所で琴欧州(ブルガリヤ出身)、241月場所で把瑠都(エストニア出身)残り37場所すべてモンゴルー出身力士が優勝している。これから先も白鵬、日馬冨士の両横綱の時代が続き日本人力士の優勝姿が今後、5年~10年相撲ファンに見せる事が出来ないのではと思える。 現在の日本相撲協会発表(平成24827日)の力士数は以下の通りである。

 

幕内

十両

幕下

外国人計

15

5

24

44

日本人計

27

23

541

591

合計

42

28

565

635

外国人力士にはハングリー精神がある。すなわち一階級でも強くなり番付上位を目指す。番付上位になれば以下のような給料、また、それ以外に懸賞金、祝儀などの収入もある。

十両以上の力士には以下の給与が毎月支払われます。
更にボーナスも年間に月額給与2ヶ月分が支給されます。

横綱:282万円
大関:約234万円
三役:約170万円
平幕:約130万円
十両:約100万円

これらの月給の他に懸賞金(1本当たり6万円で、力士には3万円が収入として与えられ、人気が出るほど増える)や各種手当てが充実していて十両以上であれば、確実に年収が1200万円以上は貰えることになります。
その他にも、通称タニマチとよばれる後援会からの祝儀などを合わせると、かなりの収入を得る事に(通常、タニマチには会社の経営者など実力者がなります)。

幕下以下の力士にも年間約40万円~約90万円が支給されます。
数字だけ見るとそれほどではありませんが、食事や住まいの心配は無く、先輩力士からの小遣いも貰えるため、生活に困ることはないそうです。

横綱クラスになれば後援会の規模も大きくなり、CM出演なども合わせると、年収1億円以上は確実で、横綱時代の朝青龍の年収は約1億8000万円程度でした。
その他にも大関、三役クラスで約5000万円程度。
相撲界はとにかく、強くなればなるほど、人気が出れば出るほど収入が上がる仕組みになっています。
早く、昔のように千秋楽、日本人力士による優勝決定戦が見られる日本相撲協会にしていただきたい。 

                                         日本伝統の相撲を愛し続ける一般人より

 

ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif





 

投稿者 jatehime : 00:00 | トラックバック
2012年10月18日
 ■  トラックの日

10月9日はトラックの日。先の「東日本大震災」を契機に、電気や水道と同様に「国民のライフラインを支える」との評価が定着してきたトラック事業者の社会貢献活動の一環として、本年も「トラックの森」事業を久万高原町で開催した。
実施主体の愛媛県トラック協会では、平成17年の松山市食場での取り組みを皮切りに、5千本を超える植林を行ってきた。今回は「森林の育成を通じて地球温暖化を防止し、将来にわたり安心して暮らせる環境を残そう」とする趣旨に賛同する有志の方々170人余りが参加した。
まず、愛媛大学の林特命教授から、「森林にもっと興味をもち日頃から自然に親しもう!」と提起があり、二酸化炭素の排出量を削減するには「木を植えることも大切だが、切ることのほうがもっと大事だ。」ということを教わり、いざ現地へ・・・。
杉林を切り開いて整地した斜面に、コナラ・クヌギ苗300本を植林。林教授の教えどおり、子供たちが杉の木の伐採を体験。別の子供たちは木製のベンチづくりに汗だくで挑戦だ。作業が終わった後は、木立の下で参加者全員楽しい昼ごはん・・・。
久万産の杉板で作った弁当箱と箸に、地元の食材で調理した「地産地消」の昼食は格別だ。食べながら、このコナラやクヌギが20年・30年後には立派な林になっていることに暫し思いを巡らせた。
広葉樹林が雨水を涵養し、落ち葉が養分となり森へと成長させる。成長した森林の恩恵は巡り巡って海までも豊かにする。奥山・里山から海に至るまで、多様な生物とヒトが共存する循環型の自然が持続していく・・・。そんなイメージが気持ちを平穏にしてくれた一日であった。
おりしも時を同じくして、第26回JA全国大会が開催された。今大会のスローガンは「次代につなぐ協同」である。持続可能な農業の実践と豊かで暮らしやすい地域社会の実現を目指す決議の底流にある理念は、トラックの日の趣旨と重なる部分も多い。
それは、今を生きながらも、「次代への責任を忘れてはならない」ということだと思う。「我田引水」、「着眼『小』局・着手小局」的な出来事が目に余る昨今の世の中であるが、10年先・20年先の「大局」を見極めて、「今、何をなすべきか」という問題意識を共有し行動することが求められる。
今年は、国連が定めた「国際協同組合年」。協同組合原則を引き合いに出すまでもないが、「協同組合間協同」の取り組みは協同組合の枠に止まらず、産業界の垣根を越えた「大きなウネリ」として「これからの社会」を変える原動力としなければならない。

自称「ずっと『着眼大局・着手小局』憧れ」人 武智
ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 00:00 | トラックバック
2012年10月17日
 ■  ここが凄いよ新東名第二弾!! SA PA編!?(これで最後!)

新東名には上下線合わせて14ヵ所のサービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)がありますが、驚く事に14ヵ所の内10ヵ所にコンビニが設置されてるのです(ミニストップやデイリーヤマザキだけどね)さすがです。

それと1ヵ所のSA PAに飲食店が3店舗以上あります、多い所では10店舗入ってます。

その他にアパレル関係の店もあります。下り線の清水PAにはオートバイショップがあり、ウェアなんかを販売しています。オートバイも展示してあります。

託児所あり、銀行のATMはあり、薬屋ありで、もうほとんど街の小ショッピングモールと化してます。だから、休日ともなると大渋滞するんですね。

それではまた。
ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 08:24 | トラックバック
2012年10月15日
 ■  遠くに見るは富士の山

 さて、神奈川生活のお話の続き、今回は富士のお山の写真などを載せてみよう。

 

 もうかれこれ以前の話になってしまったが、5月の連休の折、ふと思い立って、奥さんと子どもを乗せて、箱根ターンパイクを上ってみた。ふと思い立ってと書いてはいるが、何となく小田原方面へ車を走らせ、ドライブしていた最中に箱根ターンパイクの看板を見付け、行ってみようとなった、完全に勢い任せであったのだが(苦笑)

 

 ターンパイク、名前こそ聞いてはいたが、いざ自分で上がってみると、その傾斜には驚かされた。非力なうちの車にアクセルで鞭を入れつつ、何とか15kmに及ぶ急勾配を上り切り、頂上にあるビューラウンジに到着し、高級車もチラホラと見える、混み合う駐車場に何とか車を滑り入れた。

 

 物珍しげに周囲を見物した後、ビューラウンジへ向かう。そこからの景色は、絶景という言葉以外が出てこないくらい、絶景だった。

 

 ちょうど快晴だったのもあり、眼下には芦ノ湖、そして眼前には、頭に少し雲の帽子を被ってはいたが、それでもハッキリと見える富士の山。これを絶景と言わずして、何をそう言おうかと、溜息の出る景色を目にすることが出来た。

 

 うちの子どもはまだ小さいゆえ、その景色の素晴らしさを理解出来てはいないようだったが、奥さんは初めて見る間近の富士に、いたく感動していた様子だった。

 

 四国にも良い所は幾らでもあるが、こちらはこちらで、素晴らしい景色が幾つもある。10月現在で様々な所に行っているが、これからどんな景色を見られるのか、それが楽しみな最近だ。

 

富士山.JPG

芦ノ湖.JPG

ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif


投稿者 jatehime : 17:22 | トラックバック
 ■  自信に

あなたが自信に満ち、明るく積極的な人であれば
 あなたの同僚、友達や家族は、あなたのパーソナリティに
 魅力を感じるはずです。楽しくない時があっても努めて明るく
 積極的に振舞うように心がければ、本当に気分が明るくなっていきます。

  どんなに悔いても過去は変わらない。
 どれほど心配したところで未来もどうなるものでもない。
 今、現在に最善を尽くすことだ。

 関東 ツタンカーメン
ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 17:18 | トラックバック
2012年10月11日
 ■  休日の地方祭

今年の10月7日は日曜だった。 
小中学生にはさぞや残念だっただろうが、会社勤めのものにとっては、休まずにすんでよかったのだろうか。
私はといえば、出身が松山ではないのと、毎年さっぱり参加していないので、休日だろうが何もかわらない。家々を回ってくる神輿を見ることができたぐらいか・・。一応、近所の神社でも神輿の鉢合わせをやっていたらしいが、見に行くこともなく、だらだらと家にいた。
祭囃子に誘われて、外に出ても、特に行く所があるでなし、結局、いつもの休日同様、タバコの煙と騒音の充満した場所で、一日を過ごすこととなった。そしていつもと同様、寂しい懐と時間の浪費を反省。
こんなことなら、サイクリングと称し、あちらこちらの祭りを眺めに行くべきだったなあ!こんな反省を毎度繰り返すのも、いつもの休日だ・・。

分室の暇人

投稿者 jatehime : 00:00 | トラックバック
2012年10月05日
 ■  The Orange Autumn in Ehime 2012

Melinda & Rory①.jpg

 

Melinda②.jpg

 

Rory③.jpg

Hello!! 待ちに待った秋到来!! テンションUP↑↑で♪どきゅんこ、どきゅんこ、ニャンニャンヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)!!って感じのBlue Dolphinでございます(自分で書いてドン引きしてしまった( ̄∇ ̄)(苦笑))。。。金木犀もいい感じに香ってMelinda & Roryも活発化、同じくBlue Dolphinも活発化しております。やっぱり秋っていいですよねぇ。。。最近のヘビロテチューンはSuperflyの♪輝く月のように♪。。。爽やかでカラッとした清々しい空気・青空、そして美しい月が鑑賞できる秋にぴったりの曲でお気に入りの1曲となっております(o^^o)。食欲も増し増しで『食べる事好き』なBlue Dolphinにとっては『いくらにサーモンにソーセージにチーズリゾットにうどんにカレーにetc…』と大好物なモノがどんどん頭の中でメリーゴーランドのようにぐるぐる回ってる状態で大変ですよ( ̄∇ ̄)(失笑)。きちんと食事調整しながら食べますけどね。

And, 今めちゃくちゃ楽しみなのはこのBLOGが更新される頃にはもう終わってますけど、アメリカ大統領選挙のCandidatesであるPresident Obama & Romney氏、御二方のThe First Debate。こうやってガッツリ観れるCNNUSチャンネルに感謝!! 最近実験してみたんですが、Blue Dolphin124時間の中のどこかで何かしらEnglishに触れてないとどうしてかイライライライラ(*・`ω´・)してしまうことが発覚しまして、そういうBlue Dolphins Brainに書き換えられたことが嬉しかった出来事があったんですよ。これからも一生、日常生活の中で楽しく英語に触れながらの人生は続けたいなと思いましたね(o^^o)

     話を戻しまして、、、8月末と9月の初めにあったPresident ObamaRomney氏それぞれのConventionを観たんですが、ある種のEntertainmentでしたね。とにかく、Blue Dolphin自身も滞在してて取得出来た事、『褒める事』がめちゃくちゃ上手なんですよ、Americaの方々は!! 『褒められる事』に慣れてない人がAmericaに行くと、あまりにも褒められるモノだから最初は不自然にThank you(∀ ̄;)(; ̄∀)…って言いながらWhat do you want??って疑心暗鬼になってた時もありましたが、普通の日常の中で『いいな』と思った事はとにかく口に出して褒めるのが当たり前なんですよねぇ。。。【叱咤激励して育てる】よりも【褒めて育てる】方が根強いんでしょうねぇ。。。何か目的があるわけじゃなく素敵だと思ったらYou are very nice!!とかYou look fantastic today!とか普通に言えちゃうのが逆に新鮮で。。。だから言うべき時はきちんと口にする、【好きなら好き】、【嫌いなら嫌い】とか自然と発する事が出来るようになりましたもん。。。後で後悔しないようにするための一つの手段かもしれませんけど・・・。ホントに褒めてるのかリップサービスか否かも区別する事が出来るようになりましたし( ̄ー ̄)。。。かと言って軽々しく口に出来ない言葉はちゃんとBlue Dolphins Dictionaryにまだありますよ。それは何かここでは言えません。まだFace to Faceで使ってませんから。。。ふふっ( ̄∇ ̄)。。。

Blue Dolphinが生息する南予地方では今、【いやし博】が開催中ですから少しばかり南予地方についてお話しましょうか。ある写真家の方が『波の立たない海が珍しい』というような言葉を仰られてて『ハッ('')!!』って気づいたんですが、日本海で目の当りにしてびっくりした荒々しい波や高知で観た豪快な海が非常に印象に残ってる理由はいつも当たり前に観てた穏やかで【波が立たない海】がすぐそばにあったからだったんだなぁって最近思ったんですよ。観る人にとってはこの南予から観える海が新鮮に写るんだなぁっと。。。JR下灘駅から観る海ももちろん好きですけど、宇和島方面へ出かけてBlue Dolphins Homeへと帰る時にちょうど夕方頃Timingが合うと観る事が出来る穏やかで太陽光が反射してキラキラしてる海も温かくて好きなんですよ。南予の人は穏やかな人が多いとよく言われますが、こういう環境と人格形成ってある意味似てくるのかなっと再確認もしましたね。

Uwajima④.jpg

 

Uwajima⑤.jpg

遊子の段畑もまだ1回しか訪れた事がないのですが、その時はヒールの高い靴を履いていたため勧められて悔しかったけど断念した段畑を登ってそこから見える景色を次回は堪能したいと思ってます。お米も美味しいですよ~。こうやって小出しに南予の魅力も伝えていかなきゃですね。

次回は11月下旬、今年最後のBLOGのようです。それまでにどこかに出没して紅葉狩りへ行って久しぶりに写真をめいいっぱい撮影してこようと思います。

With Love,

倉庫課 Blue Dolphi

ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif




 

投稿者 jatehime : 17:05 | トラックバック
2012年10月02日
 ■  政局

最近の政局を見ていて思うことは
よくもまあ、ああいう人が総理になれたなと。
所属政党が延命に必死で政策云々以前の問題だし
どうしようもない。
松下さんがどういう思いで政経塾創ったのか
そこを出た連中はその意図を理解しているのだろうか
あれじゃ向こうで泣いてるな。
ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 13:22 | トラックバック
2012年10月01日
 ■  秋

 10月に入ると季節はすっかり秋。涼しくなって過ごしやすい季節です。
日本ではよく「食欲の秋」「芸術の秋」などといわれます。涼しい季節になって感受性や繊細さが高まり、物事に熱中するのに適した季節だからなのかもしれません。
そこで、今回は「~の秋」に関連した用語をピックアップしてみました!

運動の秋
     運動会・体育祭・収穫祭・稲刈り・秋祭り(神輿、だんじり)

芸術の秋
     文化祭・演奏会・読書・絵画・映画・紅葉狩り・月見

食欲の秋
     芋掘り・芋煮会・秋刀魚・栗・梨・イチジク・アケビ・新米

ほか秋の風物詩
     彼岸・新嘗祭・衣替え・秋雨・松虫・紅葉・銀杏・ススキ・七五三・千秋楽

                               

                                  etc
ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 10:44 | トラックバック