2011年10月28日
 ■  小さな手仕事

最近、ワイヤーアートしてます。

天然石を使ってワイヤーを「まきまき」

 

写真.JPG

 

その時々でワイヤーの形状を変えて「くるくる・まきまき」してます。

 

キラキラつけて女子力UPをはかりたいと思います。

 

ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif


 

投稿者 jatehime : 00:00 | トラックバック
2011年10月27日
 ■  祝2歳!

うちの長男も、遂に2歳。戦隊物が大好きなうちの長男は、毎日何かと戦っております。

そのうちの一枚です。

DVC000850001.jpg

男の子は、元気一杯で可愛らしいですね。たまりません!!

今は、言葉もダイブ覚え、何でも自分でしようとするし、おもちゃの取り合いだって、上のお姉ちゃんたちに負けていません。長男とは言え、末っ子なので、甘え上手なところが、チラチラ見え始めましたが・・・

親としては、強くて優しい男の子になってほしいですね。

 

営業課

 

ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 08:50 | トラックバック
 ■  スモウライダーの敗北

スモウライダーは大学の頃から

バイクレースに参戦していました。

 

主に、モトクロスという土のコースを走るレースでした。

 

そして、今では、たまにレースのお手伝い(裏方さん)をしています。

 

そうすると、

昔、一緒にレースを走った人たちの息子さんや娘さんが

レースに出てくるのですが

 

先日、ついに

知り合いの息子さんに負けてしまいました…

 

その子のオヤジには負けた事が無かったのにぃ…

 

まあ、その子は5歳からバイクに乗ってって

今、高校3年生(17歳)ですからキャリアは12年なんですけどね

 

でも、抜かれるとやっぱり悔しいモンです

 

去年位から『そろそろヤバイかも???』 と思ってましたが、

ついに抜かれちゃいました。

 

でも、何かちょっぴし気持ちいイイ~↑↑

 

普段は抜かれると悔しいけど

抜かれた後、ヘルメットの中でニヤニヤしちゃいました。

 

 

ここで

過去にスモウライダーを抜いていったライダーを紹介します

 

 須田 純(すだ じゅん) 選手

 

 吉田町出身の33歳 

17歳から全日本選手権の国際A級(15年目)

全日本のレースで唯一の愛媛県出身ライダー

164cmと小柄ですが、すごくイイ奴です。

 

須田 純 オフィシャルブログ  http://www.jun-suda.com/

 

 無題1.JPG

 

 三原 拓也 (みはら たくや)選手

 

 徳島出身の21

今年からカワサキのワークスライダー

現在、IA2クラス ポイントランキング トップ独走中

チャンプ 最有力!!

 

ジャルジャルの福徳に似てるけど

四国から世界に参戦できるホープです

 

三原 拓也 オフィシャルブログ  http://ameblo.jp/team-mihara8/

 

無題2.JPG 

 

 

愛媛出身、四国出身で全国で頑張っている二人

 

ライダーの日常が覗けるブログも是非見てみて下さい。

 

 

 

営業課 スモウライダー

ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif




 



投稿者 jatehime : 08:47 | トラックバック
2011年10月24日
 ■   「趣味について」

いままではの趣味は体を動かす事が多かった
 気がします。
 年齢とともに趣味も変わりつつあります。
 最近は、映画館も近くにあり、50歳を超えて
 いれば、夫婦で各1,000円で観れます。
 いまでは、月2本位の割合で楽しんでいます。
 また、料理にも興味が湧きいま2品目の調理
 ができるようになりました。
 老後がますます楽しみな気がする晩秋です。
               営業課
ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 00:00 | トラックバック
2011年10月21日
 ■  秋祭り

 先日、地域のお祭りに参加した。今年は役員だった為お祭り前の諸準備等、裏方として色々気苦労はあったものの無事に終わって一安心である。
ところで秋祭りとは、10月を中心に9~11月に行われるお祭り全般をさします。
現代の秋祭りは、おもに神社で稲・米・酒・鳥獣・魚介類などの飲食物(神饌:しんせん)をお供えし、直会(なおらい:神事終了後に御神酒や神饌を下ろしていただく酒宴)を開いて神幸祭を行いますが、もともとは収穫祭を中核とする祭りを秋祭りといったそうです。
秋祭りの代表例としては,刈初めの祭りである八朔から、新しい穀物に感謝する新嘗祭などの祭礼行事をまとめて秋祭りと呼んでいるそうです。

ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 00:00 | トラックバック
2011年10月20日
 ■  佐瀬工業所のガラスペン

日本の技術を象徴する逸品なので一本購入して所有しています。
佐瀬工業所のガラスペン「ひねりガラスペン」
ガラスペン開発者「佐々木定次郎」の弟子として、唯一正統のガラ?スペン職人技術を受継ぐ、「佐瀬勇」製作の物になります。
ガラスペンは1902年に日本の風鈴職人である佐々木定次郎によ?って考案されました。
毛細管現象を利用した筆記具であり、筆の穂先状のガラスの側面に?溝があり、そこにインクを補充することでかなりの長さの筆記がで?きる。金属ペンとは異なり、あらゆる方向にペン先が走り、墨汁が?利用できる等の利点があります。
1989年に、ペン軸からペン先まで全てガラスで作られた、一体?型のガラスペンが作られた(特に「ひねりガラスペン」と呼ばれる?)。見た目が美しく、工芸品としても評価されています。
一度インクをつけるて書ける長さは、一般的な金属ペンは2mくらいに対し、ガラスペンは20mを簡単に超えるという優れもの。
海外製の物もありますが一般的に品質が落ちると聞いており、新品でも少しメンテナンスしてやらないと使えないと聞いた事があります。

ガラスペン.jpg

ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 07:17 | トラックバック
2011年10月17日
 ■  「よいしょo(^-^)o」

お久しぶりの登場(^O^)

チョコ姫です(*^^*)

 

夏の猛暑を乗り切って

過ごしやすい秋がきました。

 

そして 収穫の秋〓

食べる物の美味しい季節になったお陰で

小太りチョコ姫(o^o^o)

 

そこで 家にいて

手軽に出来る筋トレ発見。

 

201110161659000.jpg

 

ドアを掴んで忍耐(*^^*)

 

そして

尻尾で操縦。

 

これが難しくて

直ぐに落下(>_<)

 

直ぐに落ちないように

これから 筋トレして

筋肉付けてね(o^o^o)

 

チョコ姫

ふぁいとp(^^)q

ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif



投稿者 jatehime : 08:26 | トラックバック
2011年10月14日
 ■  健康のために

 ウォーキングを始めて、早一年が経とうとしています。最初の二ヶ月ほどで、2kgは痩せたのですが、その後はいっこうに痩せません。歩いた後、食事を取るときに、アルコールを飲みすぎるのが、原因だということは、分かっているのですが、やめられません。体重を減らすこともそうですが、第一の目的は、体内改善であると、自分に言い聞かせ、そして、人間ドッグの日がそこまで来てます、良い結果が出ることを期待しながら、毎日のように歩き続けています。
ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 08:30 | トラックバック
 ■  酔芙蓉(スイフヨウ)
酒に酔うように色が変わる花でスイフヨウと読むそうです。
朝の咲き始めは白かったものがだんだんピンク色になって夕方には紅く変色する様子を例えたものです。
写真のように切り花で水に差した状態でも目に見えて色が変わりますが、一日で萎れてしまうので部屋で楽しむのは不向きのようです

1.JPG

2.JPG

3.JPG

4.JPG

5.JPG

6.JPG

ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif


 

投稿者 jatehime : 08:26 | トラックバック
2011年10月12日
 ■  天高く馬肥ゆる秋

天高く
湿度の高かった夏に比べ秋は湿度が下がるので雲が低いところにできにくくなり、夏によく見られる入道雲(積乱雲)が見られなくなります。代わりに、高いところに積雲や巻積雲ができるので雲の位置を空の高さにように感じるため、空が高くなったように見えるのだそうです。
肥ゆる秋は
季候がよくなって食欲が増し、夏はやせていた馬が肥ってきたという説があります。

自分にたとえて、最近は何を食べてもおいしく食べられ少々の運動ではカロリーを消費できません近く健康診断がありますがそれまでにはあと何キロかやせておきたいものです
ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 00:00 | トラックバック
2011年10月11日
 ■  僕にとっての黒船(Sadistic・Mika・Band)

 前首相が施政方針演説で、「わが国は“明治の開国”と“戦後の開国”を成し遂げてきた。今またTPPを“平成の開国”と位置付けして国会で積極的に議論しよう」と呼びかけたことは、僕たちの記憶に新しいことです。
ただし、わが国の開国時期は明治時代ではなく「江戸時代」であるという史実との整合が見事にすっとんでいる感があります。開国の原因は、ご存知のとおり「黒船」の来航です。
んで、僕の音楽生活に同様の「外的インパクト」と「大いなる転換」をもたらしたのは「黒船」というタイトルのアルバムでした。1974年にリリースされた「黒船」は、米英ロック一色に染め上げられた純真な高校生を、ものの見事に日本語と日本ミュージシャンの世界に転向させたのです。
特にトータルコーディネートされたA面の組曲(墨絵の国へ~何かが海をやってくる、嘉永六年六月二日~嘉永六年六月三日~嘉永六年六月四日)では、聞くことの喜び、弾くことの難しさ楽しみ、を存分に味わいました。
①「何かが海をやってくる」からはギターリフの格好よさ(EとFの2コード進行だけなのになんともエグイ!)を。
②嘉永六年六月二日からは変拍子の心地よさとプレイする際のノリの難しさ(8拍と9拍が交互して連続!)を。
③嘉永六年六月四日ではボリューム奏法(ボリュームペダルでピッキングのアタック音を一音毎に消す弾き方:バイオリンを弾いたような音になる)の極め付きを。
ちなみに、ペリー艦隊が浦賀沖に現われて、その様子を目にした日本人が黒船と呼んだのは嘉永六年六月三日のことでした。
なお、サディスティック・ミカ・バンドのギタリストは、言わずと知れた高中正義先生です。
んで、彼は2006年のライブで「黒船」のA面全てを再現しました。個人的には、このヴァージョンが最高に格好良い。泣く子も黙るフュージョンの鬼「野呂一生」をゲストギタリストに迎えて、よりタイトでグルービーなセルフカバ-を展開しています。

営業部 アーニーボール
ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 00:00 | トラックバック
2011年10月07日
 ■  猫の話

私はうちのオス猫ハナと会話が出来ます。
何を訴えているのか、お互いに分っています。
分かるのです。
奥さんの気持ちは、全く分かりません。
それなのに、猫の気持ちが分かってしまいます。
あー、甘えているなー
あー、お腹が空いてるなー
あー、ベランダに出たがっているなー、

先日、久し振りに会うと、
可哀想なくらい、泣いて、甘えて、体を摺り寄せて来ました。
ベランダで横になっていても、私がトイレに動くと飛んで来ます。
それを、足で制してトイレに入ると、
ドアの向こうでミャーミャーと泣きながら待っています。

なぜ、猫の目はあんなに可愛いのか、とても不思議です。
パッチリと大きく丸いけれど、チョッと吊り上っています。
だいたい、目の細い猫なんて見たことも会ったことも有りません。
目を細めるのは欠伸をしている時くらいのものです。
そんな猫目で下から見上げられたら、もうメロメロです。

なんで猫は歳を取っても皺がないのでしょうか?
体いっぱいの、有り余る自毛で隠しているのでしょうか?
そう言えば、猫の禿げは見たことが有りません。
先日、猫じゃらしで遊んでやると6㎏の体重ながら
1mもジャンプして汗ひとつかきません。
ただ、残念なことに腹だけは出ています。
出ている、と言うよりも下に垂れています。
こんな不摂生な猫は長生きできるのでしょうか?
心配でたまりません。

どちらが長生きするかを猫と競っている男
ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 00:00 | トラックバック
2011年10月06日
 ■  日本国民の心は一つ

2011年9月18日、愛知県日進市の花火大会で福島県川俣町で製造された打ち上げ花火が中止となった。(花火店のある場所は国の放射線許容量を下回っていた。また、打ち上げ花火は室内に保管しており何も問題が無い)と新聞等で報道された。
2011年9月29日の新聞報道によると日進市の武田健一経済部長が花火の安全性を確認した放射性物質検査結果を川俣町の古川道朗町長に報告し「住民にご迷惑を掛けた。花火は必ず打ち上げるようにする」とあらためて陳謝し、10月に川俣町で開催される中南米音楽の祭典の日進市市長参加を求めている。
私が川俣町住民だったら、日進市での花火の再度打ち上げ拒否、市長のパレード参加も拒否する。東北地方の人々に対する思いが同じ日本国民として許される事ではない。
日進市としては、9月18日に花火を打ち上げる事で、東北の大震災、福島原発の放射能で福島県民に対し生きる力、勇気を与える事が東北地方復興の礎となったのではないのか。
日本国内でこの様な事が二度と起こらない事を望みます。
昨日があるから今日がある。今日があるから明日がある。日本国民東北大震災復興に向けて心一つなることである。

                                   U Sより
ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 00:00 | トラックバック
2011年10月05日
 ■  コロンブスの卵

先日機会を得て、古代より大陸とのクロスロードとして重要な役割を果たした国境の島「壱岐・対馬」に旅した。1274年には蒙古と高麗の連合軍を、1281年には蒙古東路軍を迎え撃った文永の役・弘安の役の名残を留めた観光地では、教科書でしか知らなかった現実に触れ、おおよそ8百年前の惨状を暫し思い起こし、犠牲になった方々の御霊安らかなことを祈念した。
人々の営みの面では、壱岐島の「原の辻遺跡」が2千年前の弥生時代にタイムスリップできるものとして心に残った。原の辻は長崎県では、諫早平野に次ぐ広さの平野であり、その集落は、かの「魏志倭人伝」に記された国の中で、国の場所と王都の位置が両方特定されている国内唯一の遺跡とのことである。
古来より大陸文化伝来の国内の玄関口といえる地域だけに、数多く残る古墳群や神社あるいは古戦場跡に比べ、やや違和感を覚えたのが昭和の時代に建設された砲台跡への観光であった。対馬では豊砲台跡、壱岐では黒崎砲台跡を訪れたが、一度も実践に参加することなく終戦を迎えた「まぼろしの砲台」である。
地下から5・6階建てはあろうかと思う大掛かりな建造物で、莫大な費用と労力を要したと容易に推測できるが、残念ながら時代は「大艦から航空機」に移りゆく過程であり、後年だから言えることかもしれないが、経営の目から見れば明らかな「投資ミス」との感を強く持った次第である。
先の大戦の功罪については多方面から研究がなされているが、「失敗の本質」でも指摘されているように、自らを客観視した情報の収集・分析とそれに基づく「変化への対応」は、いつの世にも、また我々の事業にも極めて重要なことだと改めて学習した旅でもあった。

自称「失敗の連続」人 武智
ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 00:00 | トラックバック
2011年10月03日
 ■  節電

 今年の夏は、例年になく暑く感じた。職場では上は、
ポロシャツでもかまわないなどの超クールビズで通したが
普通でも他所より1~2度は高いので、クーラーの温度が
あがっていては尚更暑く感じた。
家では我慢できない時(多少多かったが)は設定温度を、
29度にして過ごしたが、寝室では窓を開けてクーラーは
一度もつけなかった。少しは節電になったか?
台風15号が通り過ぎてからは、朝晩めっきり涼しくなって
きた昨今。冬も電力が厳しいとのこと、節電に励みたいが、
我が家では暖房は、コタツと石油ストーブ(電気ナシ)だけ
なので、少しは節電していると思う。
誰かもっと節電できる方法を知っていれば教えて下さい。

分室の暇人
ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 08:47 | トラックバック
 ■  4Lが、5L笑う、ゆとりかな

先日、冬服のサイズ合わせの際、
各人の個性が出て面白かったお話。

事務所には年齢に関係なくボディラインが
小太、中太、大太、特太が占めており、
我が家以上に大きな顔をして、闊歩している。
制服のサイズ表が戻って来たら、
「えっ、本当に、これで合うの?」といった
?マークの人が3人・・・いや、5~6人といった感じ。
ネームを入れてからでは遅いので
早速業者に電話してサンプルの追加をした。
だいたい、サンプルがLだけではサンプルにならない。
事務所の男性軍をみてLを持って来るようでは
営業センスに?である。

サンプルが2Lから5Lまで揃ったところで
試着をして自分のサイズを確認してもらった。
見栄っ張りなのか、自分を分かっていないのか、
「腹がキツイ」とか、「袖が長い」とか、
「丈が短い」とか、他人の試着姿で盛り上がった。
総じて実態よりも自分を細くスリムだと思い込んでいる。
否、信じている男性ばかりである。
「○○が○Lなら、俺は○Lで合うはずだ」と
他人を基準に選んでいる。
自分は4Lなのに「5Lよりスリムなんだ」と
「まだデブになっていない」と
余裕をかましている自分に気づいた。
自分が思っているだけで、他人から見れば
4Lも5Lも五十歩百歩、≒、近似値、大差無なのだ。
そのことに、やっと気づき
この夏に貯めたビール腹を擦りながら
反省しきりの晩酌タイムとなった。

植木等風に、分かっちゃいるけど止められない・・・男
ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 08:16 | トラックバック