2011年08月02日
 ■  感慨

 生きているうちに水戸黄門の終焉にたちあうとは、思ってもみなかった。
たしかに、最近は見ていなかった。その理由はあおい輝彦、伊吹吾郎の助さん角さんを見て育った私には、それ以外の役者さんが演じる助さん角さんは物足りない感じがしていた。だが、それ以上に里見氏が黄門になってからの殺陣のときのBGMがまったくあってないように感じた。なんだかもっさりしていて気持ちわるかった。
 しかし、水戸黄門が終わるなら江は大河史上初の打ち切りでもいいんじゃないかと思う今日このごろ。
                                倉庫課
ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 2011年08月02日 10:02

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.jat-ehime.co.jp/blog2/mt-tb.cgi/1146