2011年05月31日
 ■  ブルーレイ

5月のゴールデンウィークに念願のブルーレイを購入しました。
 専用コードを使用しデジタル録画しました。
 鮮明に録画でき、ドラマ好きの私にとってこれから、有意義な
 日々が続きます。
 次の目標は、高性能な自転車を購入しサイクリングです。   
  
                              営業課
ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 00:00 | トラックバック
2011年05月30日
 ■  言葉の力

先日、高知のアンパンマンミュージアムに行ってきました。
その時に館長の「やなせたかし」さんのご挨拶を読んで感動したのでご紹介します。

http://www.anpanmanshop.co.jp/02-00.htm

「5月のごあいさつ」 やなせたかし

詩人ハイネが
美しき5月となれば
と うたった
一年中で
一番快活で
美しい季節だというのに
今年の鯉のぼりは
涙ぐんでうなだれている
三月十一日の悲惨な記憶は
まだ生々しく残っている
陸前高田市の七万本の松の木は
大津波で一瞬のうちに消え去った
しかしたった一本の松の木が残った
松の木は5月の空に向かって叫ぶ
ぼくは生きている
けっして負けない
もう一度美しい松並木を作るんだ
ぼくらも松の木と一緒に歌おう

胸が熱くなりました。
きっと心の底から思い出てくる言葉には、力があるんだろうね。
言葉が生きてるなぁって実感しました。

ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 00:00 | トラックバック
2011年05月27日
 ■  京なわて「たる源」湯豆腐桶。

私は日本ならではの技術や細かい手作業で作られた物が好きでいくつかコレクションして使用している。
今回はその中のひとつをまずご紹介します。
五木寛之氏の随想のなかに京都市東山区にある桶、樽の老舗である京なわて「たる源」が出てくる。
現在の当主は五代目川尻洋三氏。

tarugen_edited1.jpg


この京都の老舗「たる源」の看板商品は今回ご紹介する湯豆腐桶。
湯豆腐桶は「たる源」で作られたのが最初といわれている。使い勝手と美しさを併せ持つ工芸美である。
桶に使われているのは、椹(さわら)という木材。
構造は炭を入れる銅壺(銅の地金をたんねんに叩いて作ったもの)、つけ汁を入れる汁次を入れる穴がある。湯豆腐を炭で暖め、つけ汁も暖める構造となっている。
桶にダシを入れ、豆腐を浮かべる。
そして風呂の蓋を開けると中に豆腐が見える。
川尻氏に教えていただいたが炭は備長炭。炭をおこしたり、手間はかかるがそれも一興
俵屋旅館の湯豆腐桶も、たる源製である。

湯豆腐桶.jpg

ちなみに川尻洋三氏はギターもお好きで、電話でお話する時はたいていギターの話になります・・・・・・。

ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 01:50 | トラックバック
2011年05月25日
 ■  どうも♪どうも♪

  

 

 

 

ひさびさに行って来ました!

ライブ♪

 

 無題.JPG

 

 

 

 

よかったねぇ!

2回ほど、ウルってきてしまった(*^_^*)

 

 無題2.JPG

 

 

 

 

愛媛バージョンは、『みかんの歌』を大合唱でした!

若ヤツは知らないみたいやったけど。。。

 

 

 

中高年は、みんな歌ってたねぇ(^^

 

 

 

 

 

 

たっぷり3時間(^o^)丿

なんとアンコールも2回(*^^*)

ほんとに良かったよ♭♯♪

 

  

 

 

 

 

 

島 耕作

ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif



投稿者 jatehime : 00:00 | トラックバック
2011年05月24日
 ■  「臆病者〓」

最近 新しい家族がやってきた\(^O^)/


それは、ゴールデンハムスターの男の子〓

名前は、「マロン」

マシュマロのように丸くなってもらうために〓

201104151954000.jpg

まあ〓
かなりの臆病者で
いつも挙動不審で
ビグビクしている(*^□^*)

困った者だ(>_<)


もう少し
強くなりなはれo(^-^)o

ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif


 

投稿者 jatehime : 08:27 | トラックバック
2011年05月23日
 ■  部屋テコ

 新感覚ステテコ、ワコールの部屋テコをご存知でしょうか、薄くて軽い、吸水速乾性、すぐれた伸縮性、従来のステテコのイメージを一新し、今までにステテコを着用した事のない人にも受け入れられるように、デザイン性にも気を配り、汗ばむ季節にも快適に着用できるよう素材にもこだわっています。下着と、くつろ着の両方の役割を担う「部屋テコ」は、涼しくて着心地が良く、これからの季節には最適の一枚だと思います。男性の皆さん一度試してみてはいかがでしょうか。

ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 00:00 | トラックバック
2011年05月20日
 ■  花
 知り合いの庭に毎年、5月頃に咲いている花です。木の途中に咲い
ているので不思議に思っていましたが、セッコク(石斛)という花で
欄の一種との事です。蘭というと愛好家が観賞用に手間をかけて栽培
するイメージがありますが、地中に生育する「地生蘭」よりも大木や
岩の上に根を張る「着生欄」が種類としては大多数で、庭の老木にも
手入れをされない状況で生育することがよくあるということです

№2.JPG

№3.JPG

ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif


 

投稿者 jatehime : 00:00 | トラックバック
2011年05月19日
 ■  プロ野球交流戦

今年も始まりました交流戦
優勝目指してがんばれジャイアンツ

5月17日仙台で 楽天と2連戦
初日逆転勝ちでまず1勝
18日の2戦も接戦でも勝って
勢いをつけて、交流戦を勝ち抜き
まだ、セリーグで交流戦を優勝したチームがない

今年こそ、交流戦を優勝しペナントも優勝してほしい
今日も、テレビで応援します。

ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 08:19 | トラックバック
2011年05月18日
 ■  Into The Arena(マイケル・シェンカー)

 僕が敬愛するエリック・クラプトン様の他に、もう一人「神」と呼ばれるギタリストがいます。白黒2色に塗り分けられたフライングVを太腿に挟み、前かがみの体勢で、強烈なリフと流麗なメロディーを無心に奏でる「帰ってきたフライング・アロウ」ことマイケル・シェンカーです。
彼も芸術の天才にありがちな問題行動の多い人で、5年程前の来日公演では、2日酔いのため演奏できず、2曲しただけでギターを投げてステージから引っ込んでしまったという事態(言わば債務不履行)を引き起こしてしまいました。しかし、神の信徒(ファン)とは寛大なもので、翌年に再公演したことで許容したとの噂です。
そんで、僕の独断と偏見(コピーにチャレンジした唯一の曲)による彼の代表作は1980年に発表されたアルバム「The Michael Schenker Group」の6曲目に入っている「Into The Arena」.......!。
その楽曲の構成を私的に表すと、
①ダダダ、ダンダ、ダダダ、ダンダ、ダダダ、ダダダ、ダダダ、ダダダ、と3連符4連2小節でワンフレーズに聞こえる滅茶苦茶カッコよいリフが刻まれるなか、感情のこもったギターソロが疾走します。
②ダダダ、ダダダ、ダダダ、ダダダ、ダダダ、ダダダ、ダ――、ダ――、のキメを繰り返した後、ウィンドエフェクトが吹き荒び、ベースとキーボードソロが展開され、タララ、タララ、タララ、タララ、タララ、タララ、タララ、タララ、と荘重なバロック的旋律で締められます。
③その後に引き継がれるギターソロは、マイナーながら蒼天のような明るさ感じさせ、それがテンポダウンした直後からは泣きの極致...。
まさしく全てが神の領域によるものと言えます。
1980年当時、この曲を聞いた僕は、部屋の窓を閉め切り、隙間をガムテープで目貼りして古毛布を釘で張りつけたなか、夜毎にダダダ、ダンダ、をひたすら繰り返して家族に厭きられ、練習用のスタジオ代を獲得したのでした。

営業部 アーニーボール
ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 08:21 | トラックバック
2011年05月17日
 ■  甲羅干し

初夏とはいえ歩けば汗ばむ、
デブ連にとっては辛いシーズンがやって来た日曜日のこと、
文字通りの甲羅干しを見た。
人間に例えれば80歳をとっくに越えている老犬を
連れての散歩中である。
散歩コースは出来るだけ住宅地は避けて草むらの多いコースを
選ぶことにしている。
糞の始末をしたくないから、小野川の堤は持ってこいのコースである。
小野川に行く5分間が勝負であるが、必ず1~2回は後始末をさせられる。
小野川まで行けば「余裕のヨッちゃん」で、草むらの中なら許して貰う。
「よく、ウンコをする奴だな。」と思いながら歩いていると
川淵のブロック堤の上に大中小の3匹の亀がジッと甲羅干しをしていた。
注意して見ると少しづつ動いていたが大した動きではない。
洗車のブラシを持って来てコケのくっ付いた甲羅をゴシゴシと
洗ってやろうかと思っていたら、
小さいのがチャポンと川の中へ。
少し間をおいて中亀がチャッポン。
また少しおいて大きいのがドボンと消えていった。
声を掛け合っているのでは無いだろうが上手い連携プレーである。
亀の姿を追っかけて川の中をよく見ると、
50cm超えの、デブデブの鯉が背びれを出してスロースローと泳いでいる。
餌を与えられ過ぎて太ってしまった津和野の鯉のようである。
こんな汚い川に住んで、でっぷりと生きている亀や鯉を見ていると、
生命力の強さ、逞しさ、感心しきりである。

太った鯉と川面に映った自分を見比べている男
ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 00:00 | トラックバック
2011年05月13日
 ■  今こそ「共同化」の促進を!

東日本大震災から2ヶ月が経過した。大地震と津波により突然時間を遮断された被災地の方々にとっては、いかに重く・長い月日だったであろうか。特に、避難所では現在でも12万人近くの方々が不自由な生活を余儀なくされていると聞く。そうした逆境でも力強く復興に向け取り組まれている姿を拝見し、これからの応援こそ大切だと思うのは私だけではないと思う。一日も早い「普通の生活」への復帰を願わずにはいられない。
一方、こうした願いの阻害要因となっている原発事故が中部電力へも波及し、浜岡原発の運転停止が決まった。いよいよ電力不足の連鎖が西日本でも現実味を帯びてきた。今後、正念場を迎える「これからの応援」については、私たちに出来る限りのことを考え実践していく必要があるが、環境とエネルギーに深く関わる物流事業者である当社では、取り急ぎ5月10日からのクールビズに参画した。ささやかではあるが皆で行動を起こし、夏場の電力消費の節減に寄与できればとの思いからである。
さらに、これから腰を据えてやらなければならないのが、本業におけるエネルギー節減や環境負荷低減問題への対応である。方策としてはエコドライブの徹底、産業廃棄物の発生抑制および適正処理、低公害車両の導入促進などが挙げられるが、最も力を入れたいのが「物流効率化」である。
環境やエネルギーの観点からすれば「物流ゼロ」の状態が「環境負荷ゼロ・エネルギー消費ゼロ」となり理想である。しかし、現実問題として「運ばない・置かない・触らない」ことは無理なことだ。我々物流事業者にとっては、非常に悩ましい「ジレンマ」ではあるが、売上を確保しつつ、いかに「物流を小さくする」か、この視点での取り組みを加速しなければならない。
その処方箋が「共同化」である。荷主企業の協力も得ながら車両積載率や稼働率の向上に努め、総走行車両台数・総走行距離の最小化を追求しなければならない。夏場の荷物と冬場の荷物が「共同化」して季節変動の平準化を図る。往路の荷物と復路の荷物が「共同化」して往復輸送を拡充する。また、荷主間や物流業者間、あるいは保管施設や輸送手段間の共同化にも努めたい。
残念なことに、こうした取り組みには「利害調整」が常につきまとうが、東日本大震災という大変革を経験した今、求めるものは従来の延長線上にはないことを自覚することが大切である。新たな価値観をもち次の世代へステップアップすることの必要性を共有した者同士が協力し、新たなビジネスモデルを創出する行動を起こさなければならない。
変化の時代だからこそ大きな目標達成の使命感に燃え、「良きパートナー」と心をあわせ共に助け合って仕事をしていきたいものである・・・。

自称「自らが『良きパートナーたるか』自問自答」人 武智
ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 00:00 | トラックバック
2011年05月12日
 ■  為せば成る

 夢見ることは、人間にとって大事なことです。

 意志あるところに道は開ける。

 為せば成る
 
 為さねば成らぬ何事も

 成らぬは人の為さぬなりけり


 関東 トルストイ

ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 08:19 | トラックバック
2011年05月11日
 ■  関東営業所のささやき

 大震災から2ヶ月が過ぎ日本人の考え方、特に若者の考え方に国、社会
全体から見た個人の位置づけ、奉仕の精神が芽生えてきているように思われ  
る。
 ただ今の政治や産業の根幹の舵をきっている年代の人物が、マスコミに
踊らされ、日々の報道に振り回され過ぎているのではないかと思われる。
 私たち個人が誰の為、何の為に生きているのかを考えながら生きて行き
ましょう。
 私は、今は趣味と仕事に生きがいを見つけています。次回は、趣味の話
を少ししていきたいと思いますこうご期待!


                今年はブログの回数が多くなるKより
ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 00:00 | トラックバック
2011年05月09日
 ■  The Beginning of Summer 2011 filled with Tremendous LOVE

Helloo(^◇^)o!! How are you? I am feeling fine, safe and so refreshing because I had a really nice time during the GW(o^∇^o). I hope that you are also doing great and I am making you feel happy!! So, don’t feel like being alone!! I am always with you!!
GW明けからこにゃにゃちは(^o^)丿♪!! Blue Dolphinでございます。とは言っても暦どおりでしたので休んでは仕事、休んでは仕事って感じでしたよ。みなさんは素敵なGWを過ごされたんでしょうか?今回はお遍路さん達が歩く新緑&nice breezeの季節の中での♪BGM for Driving♪として心地よかったCarrie UnderwoodさんのALBUM♪Play On♪と♪Carnival Ride♪を聴きながらのUpdate Blogでございます。♪Country Music♪ってAmericaでもめちゃくちゃたくさんあるRadio Stationの中で必ずTuningが止まるgenreだったんですよ。この清々しいMayにはピッタリな♪Music for Driving♪ですねぇ。。。
First of all, Blue Dolphin自身はあの【3.11】のHuge Earthquakeからようやく焦点が合ってきてますねぇ。。。 実はTOEICの試験が中止になったり予約していた飛行機をCancelしたりのバタバタ感があったりで何かと困惑( ̄_ ̄|||)してましたけど、そんな中でもこれからの人生を改めて再考する機会がこのTimingで出来たのがよかったのかな??またまたこれからの人生が変わったというTurning Pointになったわけではないんですけど、、、納得したというか、Drama【Jin】でも有名なLine、『神様は乗り越えられる試練しか与えない』⇒ホントにそうだなぁ・・・と実感したんですよ。年齢を重ねる度に起こる様々な出来事もきちんと受け止め、乗り越えられるように対処し、くじけずに日々の生活を今まで以上に頑張って生きていくSituationが逆に人生を歩んでいると感じられるようになったからかもしれませんね。。。Privateでも理解不可能だった出来事が『そういう特殊な世界なんだなぁ。。。』と理解し&慣れてuncomfortableには思わなくなってもきてますし、、、。
いろいろ再考していくと、人生ってホント登山と一緒だなぁっと改めて思いましたね。上っていくのは辛く大変だけど、その試練を乗り越えた後には壮大で素晴らしい景色が待ってますからねぇ。。。Blue Dolphin自身、苦労して生きていく事が好きなんでしょうねぇ。。。二人三脚になった時は【苦労半分&喜び2倍】に変わっていくんでしょうけど。。。⇒⇒⇒準備万端で早く富士山で御来光が見たいぜよ。。。それにしても最近の登山ブームも重なってか登山グッズがどんどんオシャレになってますね。少しずつ用意して行くのは今のうちですね。。。
   登山ではないんですけど、筍堀りに山へ行きまして、ちょうど好きな番組『ウチゴハン』で筍料理の特集をしてたのでその番組で料理してた【筍の肉巻き】に挑戦しました!! 味噌ベースの万能ダレが沁み込んだ翌日の方が美味しかったですねぇ。。。山登り出来たけど、なんだか物足りない。。。もう準備OKかな??まだ石鎚山制覇出来てないから無理は禁物か??⇒⇒⇒まぁじっくり焦らず鍛えていきたいと思います。
   Recently, 薦められて一気に読んだ本がございまして。。。それは湊かなえさん著書の『告白』です!! もう『♪やめられない止まらない~♪』で即読破!! しまいにはDVDも観てしまいましたv( ̄∇ ̄)。登場人物各々の視点から読める感じが『冷静と情熱のあいだ』のRossoとBluみたいで奥行きがある作品でしたし・・・。映像化すると結構衝撃的ではありましたけど、師匠Mr. Sherlock Holmes登場の小説の中の好きなEpisode “The Speckled Band”で師匠が口に出すあのめちゃくちゃ好きなLineを思い出させるような結末で、尚且つ【何を以ってJusticeと呼べるのか】とMichael J. Sandel氏のJusticeの授業へと繋がっていくし、読書熱は治まる気配がございませぬ( ̄ー ̄)。
By the way, William王子とKateさん、ついに御結婚されましたね。CNNで生中継されてたのできちんと録画して観たんですけど、めっちゃ品があって『厳か』で地に足がちゃんとついた結婚に見えたのはやはり10年間の『絆』が滲み出てるような雰囲気のRoyal Coupleだったからでしょうか?? やっぱりこれぐらい長い期間知り合ってないと[結婚]には踏み切れませんよねぇって共感しました。KateさんはSimpleなWedding Dressが凄く似合ってて素敵だったし、お祈りをする際、お互い跪く時にWilliam王子はKateさんがちゃんと跪いたか確認してから自身も膝をつかれてて、そのさりげない優しさを目の当たりにしてキュン(≧∇≦)としてしまいましたねぇ。。。音楽も癒されるような音楽で聴いていてホッとしましたし、女性陣招待客の様々な帽子の形を観察するのもおもしろかったし、こういう世紀のRoyal Weddingに遭遇出来てこちらもHappyでしたねぇ。。。『末永くお幸せに!!』って思える気品あるRoyal Weddingでした。
 次回のBlog Update日はまだ決まってませんがこうやって落ち着いてUpdate出来る事が凄く嬉しいです。その日までお互い頑張っていきましょう(^∇^)!!
See you soon!!
With LOVE,
倉庫課 Blue Dolphin

ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 10:01 | トラックバック
2011年05月02日
 ■  住まい俺様流!(さし掛け製作編Ⅱ)

みなさんこんにちは!(^^)

 

今回は前回に引続いての「さし掛け」の作業報告パートⅡになります。

さて、前回では基礎造りで終わっていましたが、今回からは、会長の最も得意分野である木工作業に突入します。(o^^o)

 

材料数としては、二間分位のさし掛けでも結構な材料数になります。

 

さし掛けⅡ-1.JPG

上の写真の木材は既に自動かんなをかけて、加工済みです。製材屋から購入する際に、加工したものを購入すれば、手間がないのですが、加工木材は荒材よりも2割強程、値段がアップします! ∑(゚◇゚ノ)  

これ位の量でもその総額となれば、かなりの金額となります。材料費節約の為、実家の自動かんな盤を拝借して、1本、1本丁寧に加工しました。ここで、木材4面の直角を丁寧に揃えていなければ、後々の墨付けおよび、組み立て作業時にかなり苦労する事となります。(自動かんな作業は非常に忙しい為、残念ながらその作業写真撮影は出来ませんでした。)(ノ▽〃)       

 

 

さし掛けⅡ-2.JPG

まずは新しい桁を既存の桁と継ぐ為の相欠きです!ここの切り込みが正確に出来ていなければ、材同士を組んだ時に隙間が空いてしまいます。胴付きのこで丁寧に切ってやりました。こういう繊細な作業の時には、やはり手工具が一番です!

(前回、桁は8寸背を使用すると書いてありましたが、6寸背の間違いです。)

また、既存の桁との継ぎは当初、竿継ぎホゾにしようと思っていたのですが、既存の桁の方は既に組みあがっている為に、既存さし掛けの一部を分解でもしなければ、ほぞ穴加工するのは至難の業です。 (´・ェ・`)  さすがにそこまでは手間をかけられないので、今回はボルト縫いと、金物プレートで対応する事にしました。 ((´∀`*))      

 

さし掛けⅡ-3.JPG

これが既存の桁を相欠きした所です。高所ですし、また手が入るスペースも余り余裕がなかったので、非常に苦労しました。(腕がパンパンです・・・・・(*Д´*)ノゴルァァア!!  

    ここで注意ですが、柱に近い方の桁側を必ず受側にしなければなりません!!

逆にすると、負荷重量を全く受けることができず、崩壊してしまいます!

「当たり前じゃないか!」(`・д・´) ってみなさん思われると思いますが、これがあれこれと色々作業していると、解っているのに妙なヘマをする事があるので気をつけなければいけません!実際の欠陥住宅でもよくある話らしいです。

ナニユユュュュュュュュ(*`ロ´*)ノ    

しかし、会長のようなアマチュアと違って、プロはこのような凡ミスを決してしてはいけないと思います!!ハアハアハアハア~( ω゚;)  (話しがそれました。次に行きましょう・・・)     

 

さし掛けⅡ-4.JPG

続いては、掛けの欠き込みです。  

垂木の本数が6本ですので、6箇所の欠き込みとなります。

普段は手ノミでの作業でやっているのですが、今回は「 トリマー」を使ってみました。 実は会長は家具類等を製作するのも大好きで、色々と下手くそなりに製作しているのですが、この「トリマー」は非常に優れものです!様々な治具を使用することによって、複雑困難な欠き込みを可能にしてくれるのです!

(また機会があれば、お道具紹介編で詳細ウンチクを語りたいと思います。)(≧∇≦)  

ただ、本格的な建築資材の加工場面においては、その小振りゆえの非力さの為に、実際に建築現場で使用されるのはその兄貴分として名高い「ルーター」を使用するのが正解です。(トリマーは家具製作などにおいてはその取り扱いのしやすさで重宝します!) 今回は建築材料相手に、どの程度の作業能力を「トリマー」が発揮する事が出来るのか試験目的で使用してみました!(?_?)     (あわよくば、嫁をそそのかせて「ルーター」を買ってもらおうと思っています。)( *´艸`) 

 

さし掛けⅡ-5.JPG

実際に「トリマー」を使用して、欠き込みをしている写真です。

「トリマー」は最大で、6mm径のビットしか使用出来ないので当然にして使用できる刃物も小さくなります。写真のストレートビットは幅8mmを一度に削りとることが可能です。垂木幅が1寸5分(約45mm)なので単純計算しても56回往復させなければ希望する幅寸法を研削することができません。しかも「ルーター」と比較するとパワー不足の為、一度に余り深く研削する事が出来ません。(5mm/回が限界)その為、希望幅とその深さを研削する為に本件の場合は、

    刃の出具合を最初5mmだけ出してやって希望幅全部を研削してやる。

    ①を終えた後に今度は10mm刃を出してやって①同様に再度希望幅全部を研削する。

    ②を終えた後に今度は15mm刃を出してやって①同様に再度希望幅全部を研削する。

 

といった感じで何度かに分けて研削深度を上げていく事になります。

ちなみにこの掛けの欠き込み深さは5分(約15mm)なので、刃出し調整を3回行った事になります。

これだけ聞くと、    工工エエェェ(*´Д`*)ェェエエ工工      みたいな感じで凄くめんどくさいように思えますが、(嫁の機嫌を取る事を考えれば容易い事です・・・(゜∀゜;)ノ) 1回ごとの研削作業スピードは非常に速いので、3回連続して行ったとしてもたかが知れています。しかも、ノミで加工した場合は底面のさらえ作業が結構手間なのですが、「トリマー」の場合はそれが一切不要となります。但し、研削した角の部分は丸い刃先を使用している理論上、どうしても角が丸くなってしまいます。(そこだけは、のみでちょいちょいと取ってやればOKです!) ルーターならこれらの3回作業をほぼ1発で終結させる事が可能です! 建築材料相手に、「トリマー」でこれだけやれるのならば、ルーターならどれだけ凄いのでしょうか!? マジ欲しいっす!   o(*><*)o

嫁をなんとか説得しなければなりません!

(でもきっと無理でしょう・・・_|| ガックリ )   

 

 

さし掛けⅡ-6.JPG

「トリマー」での研削作業終了の図です。

完璧過ぎるできばいです! (*'`*)ノ       

 

さし掛けⅡ-7.JPG

今度は桁側の欠き込みです!

こちらはやや複雑な欠き込みとなります。屋根勾配にあわせた、緩やかな勾配をつけた欠き込みとなります。 こちらの方も先程の「トリマー」を使用して研削出来ないことはないのですが、勾配を研削する為の治具を作成する事に夢中になってしまっては本末転倒となります!(会長が幾度も、はまったことのある罠です!)そこで、桁の方は、ノミを使用しての手彫り作業としました。垂木の本数が6本ですので、6箇所の欠き込みです。

 

さし掛けⅡ-8.JPG

柱のほぞづくりです。

四方胴つきほぞとしました。

 

さし掛けⅡ-9.JPG

桁のほぞ穴加工です。

大量のほぞ穴加工があるならば、実家から角のみ機を借りてくるのですが、今回のさし掛け増築においては、柱は1本と決めていたので、ほぞ穴加工も1箇所のみとなります。墨付けした所に電気ドリルで穴を数箇所開けてやり、ノミで手彫りしてやりました。

 

さし掛けⅡ-10.JPG

既存の掛けと新しい掛けを接合する為の金物です。

掛けの方は、桁と違って壁面にビス打ちして固定してある為に、相欠き等の作業は、ほぼ不可能です!(#゚皿゚)        

そこで、なんらかの形でのしっかりとした接合が必要となります。通常のプレートでは効率よく前面と底面の補強ができないので、今回は写真の様な金物を使用してみました。(L字型で底部もフォローしている!) 本来、この金物は筋交い用のプレートとして使用されるものですが、その形状が今回の会長の目的に一致しておりましたので、採用してみました。(使用しているビスは全てステンレス製のコーススレッドです。)

 

 

さて、今回の作業報告はこれで終わりです。

材料取りや、欠き込み等も細かい所を残すのみで、殆ど終わりましたので、次回からはいよいよ建前となります!  (餅まきでもしようかな?)d(゚∀゚d)

 

 

それではこの続きは、また次回にて!  (;∇;)/~~

 

 

 

なんでもとりあえず自分でやってみる会会長

 

 

ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif



投稿者 jatehime : 00:00 | トラックバック
2011年05月01日
 ■  釣り名人はどっち?

一般に気の長い人が釣りに向いていると言われますが。20年近く磯釣をして分かりました。これから旬をむかえるイサキについての解答です。この時期水温の上昇に伴い、エサ取りも活動し、直ぐにエサが無くなります。気の長い人はエサが無い状態でのんびりと待っいて釣れません。気の短い人は少しの時間で巻き上げ繰り返すので釣れる可能性があります。ただ、気の短い人は釣れないと止めてしまい釣れることはないです。気の長い人は釣れなくても継続することで釣れる可能性があります。つまり、気の長い人・短い人、時と場合、いろんな状況によってどちらも名人になります。
つまり、どちらも正解です。

ただ、
入れ食いの時は気の短い人が少し多く釣ります。

太公望
ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 08:23 | トラックバック