2008年10月31日
 ■  ハロウィン

キリスト教の聖人の祝日「万聖節」の前夜祭。

古代ヨーロッパの原住民ケルト族の収穫感謝祭がキリスト教に取り入れられ、
現在のハロウィンになったとされている。ケルト族の1年の終わりは10月31日で、
この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていた。
これらから身を守る為に仮面を被り、魔除けの焚火を焚いた。

これに因み、31日の夜、南瓜をくり貫いて作ったジャック・オー・ランタン(お化けカボチャ)に
蝋燭を立て、魔女やお化けに仮装した子供達が
「Trick or Treat(お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ)」と唱えて近くの家を1軒ずつ訪ねる。
家庭では、カボチャの菓子を作り、子供達はもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティーを開いたりする

*今日は何の日~毎日が記念日~http://www.nnh.to/10/31.htmlより転載

というわけで、ハロウィンです。キリスト教のお祭りらしいですね。日本ではまだまだ定着してるとは感じませんけれども。
万聖節とかもよくわかりませんので同じサイトにて見てみるとキリスト教のすべての聖人の恩恵を授かる日らしいです。
やはりあまりよくわかりませんね。キリスト教の聖人について知識が無いので仕方がありません。
寒くなってきたのでかぼちゃを食べて体を暖かくしてすごそうということですね、たぶん。
日本でも冬至にかぼちゃを食べますからね。
近所を回るのは亥の子とかありますね。うちの近所ではわらの束を紐で縛って各自が持って地面をたたきますが
地方によっては石に紐がついているやつでみんなで紐を持って地面をたたいたりしますね。
皆さんのおうちの近くではどうですかね。

それでは急に寒くなりましたがご自愛くださいませね。

倉庫課
ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。⇒banner_02.gif

投稿者 jatehime : 2008年10月31日 00:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.jat-ehime.co.jp/blog2/mt-tb.cgi/590