2006年08月04日
 ■  ニホンノナツ

夏といえば花火。
線香花火もいいけどやはり打ち上げ花火が楽しい♪
人混みは苦手だがやはり近くで見るのがいい。
それも浴衣で。
いかにも“日本の夏”という感じが個人的にはたまらない。
数年ぶりに見るとキャラクター物などの新作なるものがあった。
しかしわたしとしては古典的なものが好きだ。
中でも特に柳が・・・(萌)
これでもか!というくらい連続で打ち上げられると泣けるくらい感動する。
派手さは無いがどこか上品な華やかさがあり、消え方がなんとも儚く美しい。
地味で暗いイメージの柳をここまで表現した職人さんには脱帽だ。
しかし玉屋の時代から変わらず同じように人が集まってこんな風に花火見ていたのかと
思うと・・・なんて平和で素敵なのだろう。
時代を超えて人を魅了する花火のパワーはすごい!
これからもずっと夏の花火大会は続いて行って欲しいものだ。
もちろんトリは柳で!

えひめ飲料分室 マッカラン
この記事が面白かったらbanner_02.gifをクリック!!

投稿者 jatehime : 2006年08月04日 00:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.jat-ehime.co.jp/blog2/mt-tb.cgi/16